安全の為に必要

社内フロントシート

クレーンの種類については、天井吊り下げ、移動式、デリックなど様々な種類があります。基本的にはこの3パターンで行われているところが多いです。これは資格が必要となっていますので、利用する時は資格取得をしましょう。特例措置によりクレーンが0.5t未満であれば、資格者は必要ありません。クレーンと同時に取得しなければならないのが玉かけという資格になります。こちらもクレーンと同様の特例措置となっていますが、資格自体は同時取得のほうがオススメできます。 月に一回ほど講習が開催されていますので、検索してみるとどこでも取得できる喪になっています。資格自体は特別教育や普通講習等がありますので金額が異なってくるためお金に余裕があるときにしましょう。

先程は資格取得を説明しましたが、資格がなければ点検ができないので紹介した経緯があります。点検方法としては、日常点検と定期点検というものがあります。日常点検というものはクレーンに異常がないかなど普段の作業に支障がないかどうかを確認するためのものです。定期点検というものは、クレーンに異常がないかという日常点検よりも経年劣化や設備不良となりかねないことを確認します。確認事項としてはたくさんありますが、ワイヤーの張り、給油チェックなどがあります。この用紙は、3年間保管しなければならないという決まりがあります。 この様に確認事項とするだけでも機械整備と同じく怪我や事故のないように確認しなければ安全に運用することができないために行っています。